ホーム小岩井乳業のこだわり上質なチーズストーリーおすすめラインナップ小岩井 オードブルチーズ

おすすめラインナップ

1980年(昭和55年)発売 小岩井オードブルチーズ 愛され続ける、おいしさのヒミツ
「小岩井オードブルチーズ」は大人からお子さままでご家族の皆様で楽しめるポーションタイプ(小分け)のチーズとして根強い人気があります。こだわりのポイント 小岩井熟成チーズと、小岩井工場産の"醗酵バター"を加え、しっかりコクと旨味のある濃い味を実現。こだわり素材であるサラミ、アーモンド、オニオン、クリームチーズを使用。チーズそのものと素材の持ち味を活かすため、"香料"を使用していません! 小岩井 熟成チーズ入り小岩井 醗酵バター入り香料不使用
3個入り
おいしさへのこだわり
素材のおいしさを引き出すことにこだわった、原料の選択と配合(ブレンド)が小岩井で長年培われてきた技術。
その技術の結晶がこのオードブルチーズにはぎゅっとつまっているのです。
生乳100%ヨーグルトからつくった小岩井オリジナルの熟成チーズは、チーズに旨みと香りをもたせ、100年以上作り続けてきた伝統の醗酵バターは、小岩井ならではのコク感をもたらします。
小岩井が長年使い続けてきた、クルミのような風味のマイルドでクセがないチーズをベースに、具材の味を引き立てる配合を実現しています。
サラミアーモンドオニオンクリーミー
オードブルチーズの始まり
オードブルチーズは、1980年(昭和55年)に発売されたロングセラー商品です。発売当初は、まだ”具入り”のチーズが珍しかったそうで、全国販売された具入りチーズの先駆けでした。長い歴史の間には、現在の4種類のフレーバーの他に、鮭味、ゴマ味、ガーリック味、タコ味などユニークなものもありました。「小岩井 オードブルチーズ」は乳製品業界では「ベビーチーズ」というカテゴリーに分類されますが、開発当時の担当者曰く、「オードブルチーズはベビーチーズじゃない、あくまでグルメのお客様に応える”オードブル”チーズなのです!」と話しています。おいしさへの並々ならぬ情熱を感じます。
チーズ担当者より小岩井こだわりのおいしさをお楽しみください

小岩井のオードブルチーズは、チーズや具材の素材本来の風味を大切にするべく、原料の選択から製造方法までとことんこだわって、ひとつひとつ丁寧につくりあげたチーズです。
今回新たに、小岩井熟成チーズを加えることによって、素材本来の味わいをより一層楽しめるチーズになりました。
長年培ってきた技術に新しい技術を加えてつくり出された乳素材と、歴史と伝統のある乳素材で、素材のもつおいしさを引き出たオードブルチーズを是非ご賞味ください。

おつまみ道場 キリンビールホームページ『おつまみ道場』に@「小岩井オードブルチーズ」などを使ったチーズおつまみレシピが登場!
特集「小岩井のチーズをお酒とおいしく!Part2」はこちら
このページのTOPへ

乳へのこだわりが生んだ、小岩井自慢の4つのストーリー。

ページのトップへ

Koiwai Dairy Products CO.,LTD. (c)All rights Reserved 2013

小岩井乳業株式会社