ホーム小岩井乳業のこだわりこだわりのヨーグルトストーリー小岩井 生乳100%ヨーグルト イベントレポート

「私だけの『小岩井生乳100%ヨーグルト』”ここが大好き”大募集キャンペーン表彰式」 イベントレポート 2014年4月22日(火)

日本全国から集まったメッセージ。その数なんと9,943通!

4月22日(火)に東京都内で「私だけの『小岩井生乳100%ヨーグルト』"ここが大好き"大募集キャンペーン表彰式」が行われました。 日本全国から数々の素晴らしい作品が集まり、その数はなんと9,943通!ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました。 表彰式には受賞者の方をはじめ、小岩井メールニュース会員の中から選ばれた「小岩井一日記者」の皆様、希望郷いわて文化大使でもあるタレントの福田萌さんも参加。大盛り上がりとなりました!

母子ともに『生乳100%ヨーグルト』ファンという福田萌さんも登壇。

まずはじめに萌さんと弊社社長の堀口との対談からスタート。萌さんは毎朝『小岩井生乳100%ヨーグルト』を召し上がっているそうで、「酸味が少なく、娘も抵抗なく食べてます」とお子様の離乳食としてもお使いいただいているとのことでした。

そんな萌さんは小岩井農場がある岩手県滝沢村(現在滝沢市)の出身。子どものころから農場へよく遊びに来ていたそうで、堀口社長が「小岩井農場は123年前に、岩手で開設されました」と話すと「お~!(そんな昔から!)」と感嘆の声を上げて驚いていました。

「岩手山南側の裾野に広がる小岩井農場は、元々火山灰土に覆われていました。その土地を0(ゼロ)から土壌改良し、一本一本木を植え、乳牛を育成する作業は、とても大変だったそうです」と農場の歴史を話す堀口社長。一本の桜の写真を紹介。
かつて牛を放牧していた頃、牛が夏の強い日差し暑さを避けられるように植えられた桜の木は、いまでは「一本桜」と呼ばれ、農場のシンボルの1つになっています。その写真に会場からは「きれい!」という声があがっていました。
萌さんは岩手山を背景に一本桜を撮られたことがあり、「まるで絵はがきのようにきれいに撮れる場所です」と紹介してくださいました。

次は今回の主役の話へ。「今年発売30周年を迎える『生乳100%ヨーグルト』は、なめらかで酸味が少なく、トクホです。」と堀口社長はおすすめしました。
そして会場に集まった小岩井一日記者の方々の前に登場したのが『小岩井生乳100%ヨーグルト』といちご、ドリップした『小岩井生乳100%ヨーグルト』とはちみつをかけたウエハース。
一日記者の方は「いちごと一緒に食べましたが、ヨーグルトの酸味がなく、いちごが甘くておいしいです。」とお気に入りの様子。
萌さんもご試食されて「そのまま食べると、すごくなめらかで美味しいです。ドリップした『生乳100%ヨーグルト』は、すごくスイーツ感があるのにヨーグルトというのが女性には嬉しいですね。」とおっしゃっていました。

受賞者発表!最優秀賞の行方は?

そして今回のメインイベント「私だけの『小岩井生乳100%ヨーグルト』"ここが大好き"大募集キャンペーン」の表彰が始まりました。
約1万通に近い応募作品はどれもこれも甲乙つけがたく、『小岩井生乳100%ヨーグルト』を食べている方々ならではのものばかりでした。今回残念ながら賞にもれてしまった作品の紹介を経て受賞者の発表です。

おてんばメメちゃん様

まずは審査員特別賞からスタート。
受賞者は小岩井農場の地元、岩手県にお住まいの「おてんばメメちゃん」さんです。ご本人のご都合が悪かったため、お母様が代理出席され「『生乳100%ヨーグルト』の魅力を伝えられてとても嬉しいです」と、「おてんばメメちゃん」さんからの手紙を代読していただきました。

マロニエマロン様 マシュマロ様

続いて優秀賞の発表。受賞者はお二人いらっしゃいます。

青森県の「マロニエマロン」さんと、栃木県の「マシュマロ」さんです。
「マロニエマロン」さんは「元々ヨーグルト嫌いだった私を変えてくれるきっかけを与えてくれました。今では、健康と美容のために毎日食べています。感謝の気持ちがたくさんありまして、100文字以内にまとめるのにとても苦労しました。」とうれしいお話を聞かせてくれました。

つづいて妊娠されている中、お越し下さった「マシュマロ」さんは「子どもが生まれてから、原材料をよく見るようになり、『生乳100%ヨーグルト』をよく買うようになりました。子どもも気に入っていて、フルーツなどを混ぜて食べています。」とのことです。子どもを思いやる「マシュマロ」さんのやさしさが文章にも表れていますね。

はりまママ様

そして最後に最優秀賞の発表です。全国9,943通の応募者の中から選ばれたのは…
和歌山県の「はりまママ」さんです!
主婦ならではの視点がとてもあたたかく、商品への愛がじわ~っと伝わるものでした。今回ご本人が出産直後のため、お姉さま(2か月後に出産予定だそうです!)が代理でお越しくださいました。
「今回、家族の日常をテーマにエピソードを書きました。『生乳100%ヨーグルト』は、毎日家族を笑顔にしてくれています。これからも『生乳100%ヨーグルト』を毎日食べて、元気いっぱいの生活を送ります。」と、「はりまママ」さんからの手紙を代読されました。

これからも『小岩井生乳100%ヨーグルト』をよろしくお願いします!

トロフィーを手に、萌さんと堀口社長と記念撮影

今回受賞された方には賞状、記念のポスター、トロフィーが送られ、萌さんと堀口社長と一緒に記念撮影をしました。
記念のポスターを見た、会場の一日記者の方々からは「いいなあ」という声があがっていました。
そして最後に受賞者の方々と萌さん、堀口社長の全員笑顔で記念撮影をしました。

小岩井メールニュース会員の中から選ばれた20名の一日記者の皆さん

小岩井メールニュース会員の中から選ばれた一日記者の皆さんも、それぞれ取材や試食を楽しまれていたようで、会場はとても和やかなムードでした。
ご参加いただいた皆様、お忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございました。
そして、受賞者の方、本当におめでとうございました!

ページのトップへ

Koiwai Dairy Products CO.,LTD. (c)All rights Reserved 2013

小岩井乳業株式会社