上質なチーズストーリー

普段使いからギフトまで。
長年にわたり親しまれてきた
小岩井のプロセスチーズ

深いコクと風味のよさが自慢の小岩井のプロセスチーズ。料理やパンに合わせたり、お酒のおつまみにしたりと、食卓をちょっとリッチに彩ってくれます。また、長きにわたり、お歳暮などのギフトとしても親しまれています。そんな小岩井のチーズの歴史と特長、その魅力をご紹介します。

小岩井のプロセスチーズが誕生するまで

小岩井のチーズの歴史は、1932年(昭和7)にまでさかのぼります。現在は、ナチュラルチーズを加熱・溶融して乳化し、成形するプロセスチーズ、を中心に製造・販売している小岩井乳業ですが、当時手掛けていたのは、乳酸菌発酵と凝乳酵素の働きで乳のたんぱく質(カゼイン)を固め(凝乳)、ホエイ(乳清)の一部を除去してつくるナチュラルチーズでした。それから時を経て、1966年(昭和41)になってから現在のチーズの主流であるプロセスチーズの製造・販売が始まりました。

1976年(昭和51)に小岩井農牧(株)とキリンビール(株)との折半出資により、現在の小岩井乳業株式会社が設立されました。以来、日本の高度経済成長に伴うギフト需要の高まりを受け、小岩井の乳製品全般がワンランク上の商品として高い評価を受けるようになりました。そして、数ある小岩井の乳製品の中でも、ギフト商品として特に好評だったのが、プロセスチーズです。

小岩井のプロセスチーズならではの特長

小岩井のプロセスチーズにはさまざまなこだわりが詰まっています。

1つ目の特長は、乳化剤。プロセスチーズをつくるには、原材料であるナチュラルチーズを細かく砕き、加熱・溶融して乳化させます。その際に、たんぱく質の分散をよくして組織を均一で安定した状態にするために、つなぎの役目として不可欠なものが乳化剤。そこで、ナチュラルチーズの風味を損なわないよう、小岩井オリジナルの乳化剤を選定していること。乳化剤には、もともと原料の風味が消されてしまうリスクが存在していました。そのため、試行錯誤を重ねた末、小岩井が独自で開発した乳化剤を使うことで、本来のチーズの風味をそのまま残すことに成功したのです。

2つ目の特長は、プロセスチーズの原料にはおもにヨーロッパの広大な牧草地でのびのびと育った牛の乳でつくったナチュラルチーズを使用。
創業当初からお客様に支持されている、芳醇でコクのある小岩井にしかない味をつくり出しているのもオランダ産やデンマーク産のナチュラルチーズです。

また、小岩井のプロセスチーズには、商品によって、小岩井のクリームチーズや醗酵バターが使われていることも特長のひとつです。たとえば、小岩井のプロセスチーズで最も歴史のあるスプレッドチーズ「ぬるチーズ」は、小岩井工場産のクリームチーズを35%配合し、小岩井伝統の醗酵バターで仕上げた一品。クリームチーズや醗酵バターを加えることで、チーズの味わいにより濃厚でコクのある深みを生み出しています。

具材入りプロセスチーズのこだわり

小岩井では、ビールやワインなどアルコールとの相性が抜群のポーション型のオードブルチーズのように、具材を混ぜ込んだ“具材入りプロセスチーズ”にも力を入れてきました。

具材入りプロセスチーズをつくるにあたって、こだわっているのは素材選びです。プロセスチーズに用いる原料チーズや混ぜ込む素材は、そのものが持つ味や香りが引き立つものを厳選しています。

2019年(平成31年)3月に発売の新商品「ヘーゼルナッツチーズ6P」は、そんな小岩井のこだわりが凝縮された一品です。サムソーチーズをベースに、ナッツの中でも高級感のあるトルコ産ヘーゼルナッツを使用。ヘーゼルナッツならではの食感とともに、ローストした香ばしさも楽しめるよう焙煎度合を調整して、ナチュラルチーズと混ぜ合わせています。

小岩井乳業では、これからも厳選された素材とひと手間かける製法にこだわる小岩井のプロセスチーズのおいしさを、多くのお客様へお届けしてまいります。