品質・環境への取り組み

品質への取り組み

小岩井乳業品質方針

お客様の「おいしい」「うれしい」の期待にこたえるために、企画・設計から製造・販売まで全員参加で「品質最優先」で行動します。活動方針1.お客様の立場で発想して、安全安心な製品をお届けします。2.アセスメントを充実させて、事故の未然防止に努めます。3.事故の真の原因を追求し、根本対策を立案・実施して、重大品質事故を撲滅します。4.品質マネジメントシステムを継続的に改善して、全社活動の品質向上に努めます。5.教育・学習を継続して、個々人の成長に努めます。

小岩井乳業の品質保証の基本は、「小岩井だから」とお客様に安心していただける商品をお届けすることです。安全で安心な品質を実現するために、5つの活動指針に則り、HACCP(総合衛生管理製造過程)・ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)に基づく管理を行っております。

■HACCPとは?

食品を製造する際に製品危害を引き起こす要因を解析し、それを確実に防止するための工程管理項目を設定し、 連続的に管理することで安全を確保する手法で、厚生労働省による承認制度(総合衛生管理製造過程)が存在します。小岩井乳業では、承認対象となる製造ラインにおいて総合衛生管理製造過程の承認を取得しています。

■ISO9001とは?

品質保証に関する国際規格で、顧客満足度の向上に主眼をおいた品質マネジメントシステムを継続的に改善することを目的としています。小岩井乳業では「お客様のことを一番に考える会社」を目指し、お客様に信頼され、満足していただける製品を提供し続けるために、本社・工場でISO9001の認証を取得しています。

工場情報

環境への取り組み

小岩井乳業環境方針

私たちは、「不毛の原野から緑の環境を創造」した小岩井農場を原点とし、企業活動を通じて地球環境の保全と改善に努力し、持続可能な発展を目指します。活動指針1.知恵を集め、3つのR(Reduce・Reuse・Recycle)(*1)を事業活動に活かします。2.関連法令等への理解を深め、順守します。3.商品等への的確な反映を通じて、お客様に環境への取り組みを、わかりやすく伝えます。4.地域の環境活動への参加、環境情報の公開を通して、お客様・地域・社会との共生に努めます。5.環境活動についての必要な教育・学習を継続します。

(*1) 3つのRとは?

Reduce:使用エネルギーやロス・廃棄物を低減すること

Reuse:牛乳ビンなど容器や資材を洗浄して再利用すること

Recycle:廃棄物等を再資源化し循環利用すること

現在は、地球規模の環境保全と経済の持続的な発展の両立が求められている時代といえます。小岩井乳業は環境方針の5つの活動指針に則り、全社的に環境保全活動に取り組み、ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)に基づく管理を行なっております。

■ISO14001とは?

環境保全に関する国際規格で、組織が環境に与える影響(環境影響)を最小限に抑えるための環境マネジメントシステムを継続的に改善することを目的としています。
小岩井乳業では、企業活動を行なうにあたり、地球環境、事業所周辺環境への影響を最小限にすべく、全社(本社・支店(一部)・工場)でISO14001の認証を取得しています。

ページのトップへ

Koiwai Dairy Products CO.,LTD. (c)All rights Reserved 2013

小岩井乳業株式会社