小岩井乳業の歴史

緑豊かな小岩井農場〜創業のエピソード〜

 岩手山南麓に位置する小岩井農場は、約3,000haの広さを有する民間総合農場です。緑豊かなこの大地は、もとは草木もまばらな原野で、火山灰におおわれた荒蕪地でした。
 我が国に鉄道が発達した明治時代、小岩井農場の創始者となる井上勝は、鉄道庁長官として東北線を敷設するにあたりこの地を訪れました。そして、一面に広がる荒れ地をみて、全国の田畑・樹林を供して鉄道を敷設してきたので、ここを開墾して、ヨーロッパ農法に準拠した本格的な農場を建設しようと念願した、という話が語り継がれています.
 時は120余年前の1891(明治24)年、日本鉄道会社副社長の小野義眞、三菱社社長の岩崎彌之助の多大なる協力を得て、共同開墾耕作が始まったのです。小岩井という名は、創始者となったこの三氏の頭文字をとって名づけられました。
 新墾地の土壌改良、湿地の暗渠排水に取り組むとともに、防風・防雪林をつくり、山林事業としてスギ・アカマツ・カラマツを植林し、また乳用牛を原産地から輸入し、繁殖・育成を行ったのが歴史の始まりです。
 それから1世紀以上に及ぶ長い歳月が流れた今、小岩井農場に生い茂る緑の一葉にさえ、創始者の熱意と希望、夢とロマンが託されており、美しい輝きに満ちているのです。

  • 日本鉄道会社副社長 小野義眞
    日本鉄道会社副社長
    小野義眞
  • 三菱社社長 岩崎彌之助
    三菱社社長
    岩崎彌之助
  • 鉄道庁長官 井上勝
    鉄道庁長官
    井上勝

小岩井農場(株)での酪農・乳業経営

  • 1891(明治24)年

    日本鉄道会社副社長・小野義眞、三菱社社長・岩崎彌之助、鉄道庁長官・井上勝により小岩井農場創業。
    3氏の頭文字を組み合わせ「小岩井農場」と命名。

  • 1899(明治32)年

    三菱合資会社社長・岩崎久彌が小岩井農場を継承し、場主となる。
    製乳所を設置し、盛岡を市場として、牛乳の販売を開始 。

  • 1901(明治34)年

    オランダ原産のホルスタイン種牛をはじめ、各種牛の輸入開始。

  • 1902(明治35)年

    純良バター(醗酵バター)の市販開始。以降、小岩井乳製品の源となる。

  • 1932(昭和7)年

    ナチュラルチーズの市販開始。

  • 1938(昭和13)年

    自立した経営を行うべく、小岩井農牧株式会社を設立し、小岩井農場はその事業所となる。

  • 1949(昭和24)年

    「東京小金井牧場」を開設、特別牛乳の製造・販売をはじめ東京地区での市乳事業開始。

  • 1966(昭和41)年

    プロセスチーズの市販開始。 「東京工場」完成、稼働開始。

  • 1968(昭和43)年

    加工乳「まきば」の市販開始。

  • 1972(昭和47)年

    「小岩井食品株式会社」を設立。アイスクリームの市販開始。

  • 製乳場(明治時代)
    製乳場(明治時代)
  • バターのビン詰め作業
    バターのビン詰め作業
  • 牛乳のビン詰め作業
    牛乳のビン詰め作業

小岩井乳業(株)として分離独立

  • 1976(昭和51)年

    6月

    小岩井農牧(株)とキリンビール(株)との折半出資により「小岩井乳業株式会社」設立。
    小岩井農牧(株)の乳業事業部門を引き継ぐ。乳製品販売業務はキリンビール(株)が所管する。

  • 1977(昭和52)年

    4月

    CI(コーポレート・アイデンティティ)を採用。

  • 1978(昭和53)年

    9月

    現在の「小岩井工場」完成、稼働開始。

  • 1984(昭和59)年

    4月

    業界初の生乳100%使用、前発酵タイプのプレーンヨーグルト市販開始。

  • 1986(昭和61)年

    7月

    LLパック市販開始。

  • 1991(平成3)年

    3月

    キリンビバレッジ(株)より、天然果汁飲料トロピカーナの受託製造・販売を開始。

  • 1992(平成4)年

    3月

    「那須工場」完成、稼働開始。

  • 1993(平成5)年

    9月

    キリンビール(株)から、乳製品販売業務の移管を受ける。

  • 1996(平成8)年

    5月

    カップ飲料の市販開始。

  • 1998(平成10)年

    1月

    小岩井工場がHACCP(総合衛生管理製造過程)の承認を受ける。

  • 6月

    東京工場がHACCP(総合衛生管理製造過程)の承認を受ける。

  • 1999(平成11)年

    11月

    小岩井工場がISO14001の認証を取得。

  • 12月

    小岩井食品(株)黒磯工場がHACCP(総合衛生管理製造過程)の承認を受ける。

  • 2000(平成12)年

    7月

    那須工場がISO9002の認証を取得。

  • 2001(平成13)年

    4月

    小岩井工場のビン牛乳製造ラインを刷新し、樹脂キャップ新型瓶を採用。

  • 8月

    那須工場がISO14001の認証を取得。

  • 12月

    小岩井工場がISO9001の認証を取得。

  • 2002(平成14)年

    1月

    純良バター発売100周年。

  • 2003(平成15)年

    3月

    マイクロパック市販開始。

  • 7月

    本社がISO9001の認証を取得。

  • 12月

    東京工場がISO9001の認証を取得。

  • 2004(平成16)年

    1月

    キリンビール(株)と共同研究を行ってきた「KW乳酸菌」を使用した「小岩井KW乳酸菌ヨーグルト」の市販開始。

  • 4月

    キリンビバレッジ(株)が資本参加。

  • 2005(平成17)年

    1月

    キリンビバレッジ(株)のチルド事業の営業譲渡を受け機能統合。

  • 3月

    「小岩井 生乳100%ヨーグルト」が特定保健用食品の認可を受ける。

  • 2006(平成18)年

    6月

    小岩井工場でお客様感謝祭の開始。

  • 2007(平成19)年

    12月

    岩手県『平泉文化遺産』の世界遺産登録の応援を開始。

  • 2009(平成21)年

    4月

    岩手県地域応援プロジェクト「岩手のうまい!!もっとおいしく小岩井で」始動。

  • 2010(平成22)年

    10月

    キリンビバレッジ(株)所有の当社全株式をキリンホールディングス(株)へ。

  • 2011(平成23)年

    1月

    当社東京工場のチルド飲料製造事業を新設分割し、キリンビバレッジ(株)が株式取得。

  • 6月

    「小岩井 金色(こんじき)ヨーグルト」の販売を通じ、東日本大震災復興支援の実施開始。

  • プレーンヨーグルト生乳100%発売当時のパンフレット
    プレーンヨーグルト生乳100%
    発売当時のパンフレット
  • 小岩井工場俯瞰図
    小岩井工場俯瞰図
  • 煉瓦サイロ(現存する日本最古のもの)
    煉瓦サイロ
    (現存する日本最古のもの)

パッケージの移り変わり(バター)

  • 明治時代
    明治時代
  • 昭和40年代
    昭和40年代
  • 昭和50年代以降
    昭和50年代以降
ページのトップへ

Koiwai Dairy Products CO.,LTD. (c)All rights Reserved 2013

小岩井乳業株式会社